ほくろを徹底排除しよう|若返りの方法を伝授

ほくろで悩まない

看護師

ほくろは可愛く見えるものは良いですが、そうでない場合は除去の対象になります。ほくろのタイプによってその治療法が変わりますので、信頼できる皮膚科やクリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

美容整形でのほくろ治療

医者

顔などにあるほくろに思い悩んでいる人も多いかもしれませんが、実は美容整形で驚くほど簡単にほくろを取り除くことができます。豊富な症例や経験・ノウハウを駆使することで美しく自然な仕上がりを実現することが可能です。

ほくろは消せる

レディ

ほくろを消す方法とそれぞれの特徴

ほくろを消したいと考える時、まずは自分でできる方法を試してみようと専用のクリームやもぐさを取り入れる人も多いのですが、大きいものや膨らんでいるものはセルフケアに頼らずに皮膚科や美容外科で施術を受けることをおすすめします。様々な方法を試しているうちにどんどん大きくなって根が深くなると、医療機関であっても処置が大変になります。Qスイッチヤグレーザーや炭酸ガスレーザーは傷跡の残りにくい治療法ですので非常に人気があります。治療を受けた後のトラブルも起こりにくい方法ですし、痛みを感じることはありますが治療自体は早く済みますので、リスクを避けながらも早く終わらせたい人におすすめです。完全に除去するのは難しいとされていますのでその点にだけ注意が必要であり、完璧ではなくて気にならない状態になれば良いと考えている人が選ぶ治療法です。一方で高周波メスは、大きなほくろを除去するのによいとされる治療法です。この方法ではほくろをカサブタのように薄く固めて取り除くのですが、一度で取り除くことが難しいため、何度か施術を行なう必要があるとされています。。大きく盛り上がっているほくろでもしっかり除去することが可能であり、10分程度と短い時間で施術を終えることができるという点が大きなメリットです。また、治療をした後に傷が残るのが心配という人も多いですが、傷跡も残りにくく、目立ちにくいため安心して利用できます。ですが、高周波メスの場合、くり抜くのですからその部分が一度へこんでしまい、戻るまでに時間がかかることを覚えておく必要があります。ただし、顔なら血流が多いために戻りが早めですのでそれほど気にする必要はありません。対象は比較的小さなほくろであり、鼻や口元にあるものにも対処できる治療法です。悪性か良性かを判断するのが難しい場合には切除した部分を病理検査して判別をつけなければなりませんが、くり抜きならそれが可能ですし、再発もしません。もっとも本格的な治療となるのがメス切除縫合です。大きくて膨らみのあるタイプに有効な治療法であり、手術を受けてから1週間ほど経過すれば抜糸できます。くり抜き法と同じように病理検査が行える方法ですので、悪性が疑われる時でも利用できますし、手術後にしばらく化膿しないように消毒に通えば再発の可能性がほとんど無い治療を完了させることができます。メリットとして、根の深いタイプでも取り除くことができる点も挙げられ、悪性腫瘍が心配な人が選びたい治療法です。大き目の傷跡が残ってしまうことを心配する人もいるようですが、時間の経過と共に薄くなっていきますのでそこまで気にしなくても大丈夫です。液体窒素を用いたほくろ治療では、麻酔を使用しませんので少しだけ痛みを感じますが、比較的手軽に受けられる方法として認知度が高まっています。ほくろ治療によっても、様々な治療法があるので、どの治療法で治療を行なうかは、きちんと医師と話し合ってから決めるようにしましょう。また、治療を受ける際には、信頼できるところを見つけることが重要になるため、慎重に病院を選びましょう。

ほくろを除去しよう

女の人

ほくろは、できる箇所によっては除去したいと思う方もいるでしょう。美容整形の施術なら、レーザーや電気メス、切開法などで除去することができます。ほくろの状態によって適した治療法が変わるので、医師と相談しながら決めると良いでしょう。