良い歯科の選択

赤い口紅

歯科を訪れる理由としてもっとも一般的なのは虫歯の治療です。
クリーニングやホワイトニング、歯周病などが原因となって通うこともありますが、小さい頃から学校で健診を受けていかなければならなくなる原因の代表だからです。
昔は虫歯になるとその歯を削って神経を取り出し、アマルガムという金属を埋め込むのが一般的な治療法であり、それが当たり前のように行われてきました。
しかし、虫歯1つをとっても最近では治療法が増えてきたことに加えて、今ある歯を保存するという考えが広まっていることから選択肢が増えています。
痛みが伴わなければ神経には触れずにそのまま無菌状態にして詰め物をしてしまうこともできます。
金属ではなく歯の色に近い樹脂も安価に使用可能であり、その洗濯ができるようになってきているのです。

現状として大きな流れは歯の保存をするという考え方があります。
以前は痛みの原因となる神経を取り除いて、アマルガムを埋め込みやすいように歯の形をうまく成形するということが行われてきました。
しかし、歯は再生しないので削ってしまうともとに戻ることはありません。
できるだけ身体の負担を小さくするためにも、本来持っている機能を失わないためにも、歯を極力削らないで虫歯の治療をするというのが一般的になりつつあります。
この考え方は歯科治療一般に広まっており、削らずに済ませるためには予防が重要ということになって、積極的に虫歯や歯周病の予防につながる歯磨きの仕方を広めたり、歯石除去やクリーニングを実施するよう勧めるようになってきています。