ほくろを徹底排除しよう|若返りの方法を伝授

レディ

ほくろで悩まない

看護師

ほくろの特徴と治療

「ほくろ」が目元にあると泣きぼくろと言われ色っぽい表情になりますし、口元にあってもまた違った色気があり好まれます。頬にあるとチャームポイントになり、可愛い印象になります。憧れる人もいて、メイクでわざと作る人がいるくらい大変魅力的なものです。しかし魅力的なのは可愛く見える場所にあって、形も丸く小振りな大きさのものです。気に入らないものは悩みのタネになってしまいます。シミや肝斑、アザほど存在を気にする人はあまりいないようですが、悩んでいる人は確実に多いです。ほくろ(黒子)は俗語であり、医学的な正式名称は「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」または色素性母斑と言います。噛み砕いて説明すると、ほくろは母斑細胞と呼ばれる細胞が増えることで生じます。母斑細胞とはメラニン色素を産生するメラニン細胞が変化したもので、この母斑細胞が一部に集まって生じた皮膚の良性のできものです。ほくろには生まれつきの先天性のものと生まれてからできる後天性のものがあります。生まれつきのものには相当大きなものがあり、6mm以上であれば専門医のもとで経過を見ていく方が望ましく、切除を選択する必要があるケースもあります。最も多いいわゆる普通のほくろは黒くて丸く、平らな斑点で大きさは5、6mm程度といったところです。一般的なものの特徴は黒や黒褐色、稀に肌色で、平坦または隆起しています。顔に数多くできたり太くて長い毛が生えることもあります。また、頭皮や唇にもできます。特殊なほくろは生まれつきのものが多く、黒アザや先天性色素性母斑と言われ、とても大きいという特徴があります。また、爪の根元にできたり青色であったりします。ほくろが原因でコンプレックスを抱え、前向きになれない場合は除去する方が良いと言えます。治療は皮膚科やクリニックでお願いする方が良いです。自分で取ろうとする人もいますが、成功せずに傷痕が残ることもあり、痛々しい結果となることが多いです。やはり専門医による治療を選択すべきで、その中でも実績のある医療機関を選ぶことが大切です。治療方法は医療機関によって様々あり、一口にレーザーといっても種類があります。ほくろによって、向き不向きの治療法が存在しているのです。ほくろの治療法は平坦なのか盛り上がっているのか、そして大きさや形、色などによってその選択肢は変わってきます。信頼のおける医療機関で、相談の上決定する必要があります。場合によっては切開して縫い合わせるという手術が適応になるかもしれませんし、電気メスを使った方法になるかもしれません。いずれも大掛かりなものではなく、短時間で終了するものばかりです。例えば、Qスイッチアレキサンドライトレーザー(Q-ALEX)は一度の治療効果が小さく何度か通院する必要があり、手術は抜糸をするために再度来院する必要がありますが、その程度なので煩わしいことは一切ありません。ほくろを除去するのは勇気がいるかもしれませんが、ほんの一瞬我慢するだけで後の人生が大きく変わります。悩んでいるのであれば、信頼できる皮膚科やクリニックを選んでカウンセリングを受けてみましょう。