ほくろを徹底排除しよう|若返りの方法を伝授

レディ

美容整形でのほくろ治療

医者

気になる顔のほくろ治療

体や腕のほくろはそれほど気にならないかもしれませんが、顔にできたほくろは自分でも気になりますし、他人の視線も気になりコンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。ほくろの除去というのは一般の皮膚科でも受けることができますが、ほとんどの場合液体窒素を使用して除去していきますから、顔に使用した場合色素沈着を起こすことがありますから、美容整形での炭酸ガスレーザーでの治療がおすすめです。どうしても費用を抑えたいという場合には皮膚科の方が健康保険を使えば安くなる可能性が高くなりますが、美容整形外科の場合は自由診療となりますから全額実費となります。ただ気をつけないといけないことは、皮膚科だからといって必ずしもすべての治療に保険が適用されるわけではなく、見た目をよくするためだけにほくろを除去する場合には、医師の判断にゆだねられますから事前に確認しておく必要があります。ほくろというのは母斑細胞の増殖によって現れるもので盛り上がったものもあれば平らなものなど形状が異なります。ほくろにはまれに悪性のものもありますから自己判断で除去するのではなく必ず医師に診てもらうことが大切です。ほくろには大きく分けると単純黒子と色素性母斑の2種類があり、一般的なほくろは色素性母斑を指しています。ほくろは色素を作るメラノサイトの良性の腫瘍で、紫外線によるメラノサイトの異常顔藻な原因だと考えられています。メラニン色素は表皮内の基底層にあるメラノサイトで作成され、しみよりも色が濃く盛り上がりがあるものもあります。基本的には良性の腫瘍のものが多いので、そのまま放置していても健康上問題はありませんが、急にホクロが大きくなったり周辺が凸凹してきたり、色が変わってきたなどの異変が起きた場合は、ガンの可能性もありますから念のため組織検査を受けた方がよいでしょう。ホクロ治療には炭酸ガスレーザー以外にもくり抜き法や切開縫合法、凍結法などがあります。くり抜き法は医療用のパンチのような特殊な道具やメスを使用して円形にくり抜いて除去する方法で、顔面などの修復力が高い部分に適した治療法です。切開縫合法はくり抜き法がてきさない腕や背中・胸などに適用される治療法で、メスを使用してホクロを除去したあと縫合していきますから傷跡が大きくなってしまうというデメリットもあります。凍結法は皮膚の表面から突起しているホクロに有効な方法で、液体窒素を使用して焼き切ります。炭酸ガスレーザーは皮膚内に存在する水分に反応するレーザーで、ホクロの組織ごと蒸発させてくり抜いていきますし、Qスイッチヤグレーザーは小さくて平らなホクロに使用されるレーザーで、メラニン色素に反応して破壊させていきます。レーザー治療のメリットは傷跡が残る可能性がきわめて低く治療後のトラブルも少ないという点があげられますが、ホクロの大きさや深さによっては数回照射する必要があり、再発の可能性が比較的高いというデメリットもあります。クリニックによっては費用は大きく異なりますし、医師の技術も重要となりますから、事前にサイトを見てみたり電話をかけて費用を確認してみるとよいでしょう。